シュラスコレストラン「ALEGRIA shinjuku」のランチメニュー

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822a 洋食編

JR新宿駅から新宿御苑の千駄ヶ谷門の方へ歩く途中にあるおしゃれな洋館風建物。その二階にシュラスコレストラン「ALEGRIA shinjuku」がオープンすると聞いたので、さっそくシュラスコランチを食べに行ってみました。

オープンおめでとうございます!お祝いの気持ちを込めて、いただきますッ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ALEGRIA shinjuku」のシュラスコランチ

平日限定のお得なシュラスコランチ

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822b

 

「ALEGRIA shinjuku」の平日限定メニューのお得な1,000円シュラスコランチです。

シュラスコとカレーがセットになっていて、さらに食後のテイクアウトコーヒーも含めて税込み1,000円ちょうど!そう考えると嬉しいお得価格ですね。

ジューシーなお肉、パリパリのウィンナー、箸休め(フォーク休め?)の野菜が一串で調理されていました。塩で風味づけされたシンプルな味付けで、肉そのもののを味わう!美味い!

 

「シュラスコ」とは、別名「ブラジリアンバーベキュー」と呼ばれることもある通り、ブラジルや南アメリカ地域で親しまれているワイルドな肉料理です。大きな串に具材を豪快に刺してじっくり焼いて調理し、よくレストランではそのまま串から目の前で切り分けて提供してくれるスタイルが映えるので最近人気ですよね。

ちなみに、シュラスコの語源はポルトガル語で「バーベキュー」を意味する「churrasco」だそうです。

 

ここ「ALEGRIA shinjuku」のおしゃれな店内の座席から、調理場にあるおそらくシュラスコ専用の回転式の焼き機の様子が見えましたよ。具材を刺した大きな串がじっくりじっくりよ~く焼かれていました。

 

おまけのカレーが絶品!

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822c

 

個人的に感動したポイントが、このランチセットのカレーの美味しさ!

ちょっと良い洋食屋さん系と言いますか、ホテルのカレー風のコク。ホロホロのお肉が溶け込んでいるような食感で、これは美味い。このカレーだけでも充分ランチメニューとして成り立つ完成度でした。

※このカレーがランチとセットで食べられたのはオープン記念のご祝儀的なおまけだったらしく、いつのまにか別料金になってました…( ゚Д゚)

 

お店の情報

 

  • 【店名】ALEGRIA shinjuku
  • 【ホームページ】https://alegria-shinjuku.owst.jp/
  • 【お店の場所】新宿御苑の近くにあるおしゃれな洋館の二階
  • 【最寄り駅】代々木駅、新宿駅、新宿三丁目駅

 

お店の外観

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822e

 

お店の外観はとてもおしゃれな洋館です!

パッと見ただけでは、この建物の二階にシュラスコレストランがあるとは分からないかもしれませんね。私も最初は結婚式場か衣装屋さんかな?と思ってしまいました…。

看板を確認したところ、地下一階は撮影スタジオ、地上一階は中華料理系のレストランのようです。

シュラスコレストランは二階にありますので、入り口から入って、階段を上ってお店のドアを目指しましょう。

 

お店のメニュー

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822f

 

メニュー表には様々なお肉が紹介されていました。

ランチメニューだけでなく、コースメニューや飲み放題も書いてあったので、パーティー等にもぴったりですね。お店の雰囲気もおしゃれなので、女子会とかで人気が出そう。

※お得な1,000円ランチは平日限定らしいので、土日のランチはまた別のコースメニューになるのかもしれません。

 

お店のチラシ

「ALEGRIAshinjuku」のシュラスコランチ_20170822d

 

お店を知ったきっかけはこのチラシでした。弊社のFAXに届いたので、興味津々でさっそく行ってみた次第です。

 

個人的評価:★★★☆☆

星は3.5~4の意味で★★★にしました!星4寄りの3です。

期待の新星的なお店ですね。

平日のランチで気軽にシュラスコを食べることが出来て嬉しいですね。絶品カレーもあり、コーヒーもありでこの価格なのでとても気に入っています。またお肉が食べたくなったらここが頭に浮かぶように候補としてインプットされました。

 

オープンおめでとうございます!これから益々頑張ってください!

ごちそうさまでした!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました